1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CSR
  4. 企業活動のページになります。

企業情報

CSR(企業の社会的責任)

企業活動

高品質・高信頼の情報通信サービス

NTTぷららは、映像配信、インターネット接続、IP電話を柱として事業を展開しています。私たちは、サービスの品質や付加価値を高めるためにさまざまな取り組みを行いお客様にご満足いただけるようチャレンジを続けていきます。

お客様満足の追求

「ひかりTV」における先進的サービス提供への取り組み
映像配信サービス「ひかりTV」は、豊富なコンテンツとともに、IPTVの特性を生かしたサービスを提供し、利便性を高めるために検討や開発を続けています。
2010年は、リモコン操作だけでテレビ画面上からショッピングが楽しめる「ひかりTVショッピング」サービスを開始しました。また、2011年度には、スマートフォンやタブレット端末等で視聴できる「ひかりTVもばいる」サービスを開始したほか、Twitter連携サービスのトライアル提供を行いました。
今後も、お客様により便利に楽しく利用いただける新サービスの提供にも力を入れていきます。
サービスを支える仕組みの整備

当社は、24時間365日体制でサービスの状況を確認する監視センターを設置しています。センターには交代制でスタッフが常駐しており、何らかの不具合が生じた場合でも、迅速な対応を図れる体制を構築しています。


監視センターの様子

高品質なインターネット接続サービス提供への取り組み
当社インターネット接続サービスの特長は、リーズナブルなオプションサービスと安心して利用できるセキュリティサービスです。
有料オプションサービスを一定の金額の範囲内で自由に選択し、実質無料で利用できる「フリーチケット」は、オプションサービスを気軽にご利用いただくための仕組みです。また、インターネットを安全・安心にご利用いただくため、「ネットバリアベーシック」というセキュリティサービスを提供しています。このサービスは、危険な通信をネットワーク側で遮断するもので、ブロードバンド回線等をご利用のお客様に無料で提供しています。煩雑なソフトウェアのインストールや設定が不要なため、インターネットに不慣れなお客様にも安心してご利用いただけるサービスです。

お客様とのコミュニケーション

コールセンターの活用
当社では、お客様接点の現場と経営との距離を縮めることを目的に、コールセンターを自社で運営しています。当社のカスタマーサポートにおいては、お問い合わせ内容にかかわらず、原則として一人のオペレーターがワンストップで応対し、お客様に安心感を持っていただけるような体制を整えています。また、毎日センターに寄せられる貴重なご意見を集約し、サービスの向上に生かしています。
お客様感謝イベントの開催
お客様と社員が直接触れ合う機会として、2000年より毎年「ひかりTV・ぷらら会員さま感謝イベント」(2011年度にぷらら公式オフ会より改称)を開催しています。オフ会は、多くのお客様から直接お話を伺える貴重な場であるとともに、お客様同士の交流を深めていただく場ともなっています。
 また、ホームページ上には、個人向けインターネット接続サービス「ぷらら」とオプションサービス等に関する内容をテーマとした公式掲示板も設置し、お客様とのコミュニケーションを図っています。

事業運営の健全化に向けた取り組み

コーポレートガバナンス

当社は、NTTコミュニケーションズグループの一員としてコーポレートガバナンスの強化を図っており、この一環として、内部監査室、企業倫理推進室を設け活動を行っています。
内部監査室は、当社の業務全般について監査を実施します。監査を通じて内部統制の整備・運用状況などに関して定期的に検証し、改善の必要がある場合には迅速に対応を行っています。

コンプライアンス

当社は、基本的な法令を遵守するだけでなく、高い倫理観を持ち、社会の要請に適切に応えられる企業でありたいと考えています。こうした考えのもと、2002年に「株式会社NTTぷらら企業倫理憲章」を制定し、企業倫理推進室を設置したほか社外監査も取り入れて、定期的なチェックや改善を実施しています。

従業員への意識浸透
当社では、社員一人ひとりが高いコンプライアンス意識を持って日々の業務にあたることが重要だと考えています。そのため、全従業員にコンプライアンス方針を記載したカードを配布し、常に携帯するよう指導しているほか、正社員だけではなく派遣社員等にもコンプライアンス研修を行っています。また、定期的にeラーニングによる企業倫理テストを実施し、企業と社員双方でコンプライアンス意識の浸透が図られているか確認しています。
ヘルプラインの設置
企業倫理ヘルプライン相談窓口を設置し、メールや電話等で相談を寄せられる仕組みを整備しています。相談窓口について社員への周知徹底を図るとともに、寄せられた情報を業務の改善につなげられる体制としています。
ビジネスリスクマネジメント委員会
ビジネスリスクマネジメント委員会は、当社の社会の一員としての健全性、信頼性を保持、増進することを目的に、社長を委員長、各部門長を構成員として設置しています。委員会では、当社のあらゆる事業領域における潜在リスクの発見や未然防止対策の検討、ならびにインシデント発生時の適切な措置についての検討、判断を行います。

マネジメントシステムに基づく業務運営情報

当社は、情報セキュリティ、環境、労働安全衛生の三分野において、ISO等の国際規格に基づくマネジメントシステムを構築し、認証を取得して活動しています。これらの分野におけるPDCAサイクルを回していくことにより、活動の推進と継続的改善を図っていきます。

情報セキュリティに対する取り組み
情報セキュリティに関しては、お客様からお預かりしている個人情報が大切な資産であるとの考えに基づき、早い時期から取り組んでいます。2002年に情報セキュリティ委員会を設置、2004年にはISO27001認証※と、プライバシーマーク認定を取得しました。情報セキュリティ委員会は、全社横断的な機関として月に1回以上開催し、情報セキュリティに関わるリスク抽出や承認等を行い、適切な情報管理に努めています。このほか、社員一人ひとりが情報セキュリティに対する意識醸成のため、情報セキュリティ保護方針を定めています。

2004年当時は「BS7799-2:2002」および「ISMS適合性評価制度(Ver.2.0)」の認証を取得し、その後、ISO27001に移行。

情報セキュリティ保護方針

当社は、2009年度に「情報セキュリティ保護方針6カ条」を制定しました。社員一人一人が高い意識を持って業務にあたれるよう意識付けの徹底を図っています。

<情報セキュリティ保護方針6か条>
  1. 1.私物の記憶媒体を会社内に持ち込みません。
  2. 2.情報資産を許可なく会社外に持ち出しません。
  3. 3.情報資産はオフィスマニュアルに従い処理・廃棄します。
  4. 4.許可なく個人情報にアクセスしません。
  5. 5.オフィスとデスク周りの整理整頓を徹底します。
  6. 6.インシデントの発生は迅速に情報セキュリティ委員に報告します。
環境・労働安全衛生に関する取り組み
環境および労働安全衛生については、CSRへのさらなる取り組み推進のため、2011年度から本格的にマネジメントシステム構築に取り組みました。2011年12月に、ISO14001(環境)、OHSAS18001(労働安全衛生)認証を取得しています。