1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CSR
  4. 人材の尊重のページになります。

企業情報

CSR(企業の社会的責任)

人材の尊重

当社は、一人ひとりが自主性を持ち、生き生きと働ける職場づくりを目指しており、2010年度には、東京労働局より快適職場推進計画認定事業場として認められました。また、2011年度には、労働安全衛生マネジメントシステム「OHSAS18001」認証を取得して、活動の推進と継続的改善を図っています。
≫「労働安全衛生基本方針」はこちら

人材育成

当社は、ベンチャーマインドとチャレンジ意欲を持った人材を求めています。以前より、資格取得支援制度や選択型研修制度を設けているほか、2011年度は、社員のニーズに応じた研修の実施による育成に注力しました。また、リフレッシュルームに図書を配備して社員等が自由に借りられるようにするなど、自己啓発の支援にも取り組んでいます。

今後も、社員一人ひとりが自らの能力を磨き、それを十分に発揮できる仕組みづくりに継続的に取り組んでいきます。

働きやすい職場づくり

体制の整備
当社は、働きやすい職場づくりを目指して、ワークライフ委員会を設置しています。委員会は、会社と労働組合それぞれの代表および産業医等で構成し、社員の健康管理を含めたワーク・ライフ・バランスの向上を追求しています。
 また、通常の就業時間に勤務できない等の特別な事情がある従業員については、仕事と家庭の両立を図れるよう就業時間を調整するなど、職場全体でサポートし合いながら柔軟に対応しています。
リフレッシュ環境の整備
従業員がオンとオフのメリハリをつけて業務に取り組むことができるよう、リフレッシュルーム(休憩室)の充実を図りました。すべての休憩室に無料で利用できる飲料自販機を設置したほか、一部のリフレッシュルームは、スペースを広く取り、娯楽機器や健康器具を設置して、いつでも自由に使用できるようにしています。
今後も、社員のニーズに合わせ、モチベーション向上につながる職場環境の整備を進めていきます。
その他の取り組み
全社員を対象とした「こころの健康診断」やモチベーションサーベイを定期的に実施しているほか、管理者を対象とした360度評価等の、社員の声を聞くための仕組みを取り入れて、現状の把握や改善に役立てています。

安否確認システムの整備

当社は、災害発生時に備え、社員の安否確認システムを導入しています。災害発生時には、電話やメールによって、社員が迅速に安否登録を行える仕組みとなっています。