1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CSR
  4. 環境への取り組みのページになります。

企業情報

CSR(企業の社会的責任)

環境への取り組み

当社は、環境マネジメントシステム「ISO14001」認証を取得し、環境への取り組みと継続的改善を行っています。
≫「環境基本方針」はこちら

環境保全活動

サービスと連携した取り組み
2015年度にお客さま参加型の「守ろう!沖縄のサンゴ再生プロジェクト」を発足しました。

サンゴ礁は、地球上の海全体のわずか0.2%しかありませんが、その0.2%のサンゴ礁の中に魚種全体の65%が生息すると言われています※1。しかし近年、サンゴ礁を取り巻く環境は大きく変化しており、特にサンゴの白化現象により海中のCO2濃度のバランスが崩れ、海洋生物に大きな影響を与えていると言われています。このような状況から、インターネットのインフラを活用してさまざまなサービスを提供するNTTぷららは、海のインフラとも言えるサンゴの養殖に貢献することで後世に美しい海を残したいと願い、「守ろう!沖縄のサンゴ再生プロジェクト」を発足しました。

2015年度の代表的な取り組みは、「部活DO!」と連携した環境保護活動です。この活動では、沖縄サンゴ苗の移植などを「部活DO!」の部員と社員が一緒に行い環境保全の重要性を再認識しました。
本活動ではオリジナル4K映像コンテンツも合わせて制作を行い、その映像を「ひかりTV 4K」にてVOD配信を現在行っています。VOD視聴料の一部については「サンゴ再生活動」に寄付を行います。

ひかりTV 4K 沖縄サンゴ再生〜「楽しい」が描くミライ〜

以下の取り組みを併せて行いました。

  • ・サンゴ苗300株の寄付
    寄付先である有限会社海の種より「海からの感謝状」を頂きました。
  •   
  • ・ビーチ清掃イベント「第3回 クリーンピック全国大会 in 沖縄」の協賛

NTTぷららは、今後もお客さまと共に実施できる、事業と連動したCSR活動を検討し、環境保全に貢献していきたいと考えています。

※1 出典:有限会社 海の種が運営する「SeaSeed」オフィシャルサイト(http://www.seaseed.com/
※2 「クリーンピック」とは、これまでボランティアや一部の有志で行われてきたビーチクリーンなどの清掃活動をルールと競技性を持ったスポーツに変えたものです。誰にでも楽しんで参加ができ、賞金を巡って競い合いながら、かつ海や山をきれいにしようというゴミ拾いの大会です。オフィシャルサイト(http://www.cleanpic.jp/

地球温暖化の防止

省電力への取り組み
省電力への取り組みとして、主に次のような対策を行った結果、2015年度は約53.8%の電力使用量の削減を実現いたしました(2010年度比)。
  • ・オフィス照明の間引き
  • ・LED照明の導入拡大
  • ・社員利用端末の段階的シンクライアント化
  • ・PCディスプレイの輝度調整
  • ・不要照明の消灯徹底

今後は、2015年度の削減率以下にすることを目標とします。

廃棄物の削減

製品の再利用促進
2008年12月より、お客様にレンタルでご利用いただいているひかりTVチューナー(セットトップボックス)を、ご利用後に回収する取り組みを開始し、継続しています。回収した戻り品は、安全確認を行った上で再生品として利用しています。
また、ひかりTVチューナー用のリモコンで使用していた乾電池のうち、一定の残量があるものについて、NPO法人「RE機構」と連携し、リサイクル乾電池として再利用を進めています。
このほか、2011年度からは、セキュリティ面での対応を行ったうえで、社内で使用していたパソコンや什器類のリユースを実施しています。
今後も、こうした製品再利用の取り組みを進め、資源の有効活用に努めていきます。
関連情報
紙使用量の削減
不必要なプリントアウトやコピーの削減および社内における情報セキュリティ強化を目的として、2009年度に全社でICカード認証複合機を導入しました。これに合わせて、両面印刷の促進や不要なプリントアウトをなくすための呼びかけや、会議のペーパーレス、電子決裁の全面導入を実施し、紙使用量の削減に向けた取り組みを行ってきました。
今後は、2020年度まで現在の紙使用削減量52.3%(2010年度比)の維持を継続していきます。