1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CSR
  4. 労働安全衛生基本方針のページになります。

企業情報

CSR(企業の社会的責任)

労働安全衛生基本方針

当社は、CSR基本理念の精神に則り、働く人の安全と心身の健康を守るということが、当社の果たすべき社会的責任であり、かつ当社事業の成長と発展の上でも欠かせない経営課題のひとつであると考えております。当社は以下の具体的な労働安全衛生方針を設定し、事業活動の一環として全社員参画の下で労働安全衛生活動を力強く推進してまいります。

  1. 1.当社の事業活動全般に係わる安全衛生リスクを認識し、OHSAS18001に準拠した労働安全衛生マネジメントシステム(以下、OSHMS)の維持、向上と、人的・技術的及び資金的な資源を投入して、パフォーマンスの継続的改善を行い、リスクアセスメント及び必要な管理手段の実施に努めます。
  2. 2.労働安全衛生に関する法令の遵守、及び受入れを決めたその他の要求事項を満たすよう取り組みます。
  3. 3.労働安全衛生活動の重点取組み事項として、
    1. (1)事業活動全般にわたるリスクアセスメントにより、安全衛生リスクの特定と低減化活動を推進します。
    2. (2)当社の業態から最も高いと考えられる安全衛生リスクである「社員等のメンタルヘルス不調」の低減化に細心の注意を払うこととし、別に策定する「心の健康づくり計画」に沿った取組みを強化します。
    3. (3)メンタルヘルス等の安全衛生教育の実施によるヒューマンエラーの防止、及び人権の尊重等の社会性や法令・ルール遵守の職場風土を確立します。
    4. (4)2010年度に、東京労働局から認定された「快適職場推進計画認定事業場」に相応しい安全で快適な職場環境づくりに努めます。
    5. (5)設備の構築・保守作業等に起因する業務災害防止、及び通勤災害防止の取組みを強化します。
  4. 4.当方針の実現のため労働安全衛生目標を設定し、具体的計画を策定、実行するとともに定期的に見直しを実施します。
  5. 5.当方針に沿った管理策を実践するプロセスにおいて、単に社員等の健康の保持増進のみならず、モチベーションの高揚とワークライフバランスの推進活動等により、従業員満足度の継続的向上に努めます。
  6. 6.方針は社員等に周知徹底するとともに、広く社会に開示します。

2017年4月1日
株式会社NTTぷらら