1. ホーム
  2. ニュース
  3. 報道発表資料(2016年度)
  4. 2016年7月10日のページになります。

ニュース

報道発表資料

2016年7月10日
株式会社NTTぷらら

「moon」「ギフトピア」「ちびロボ」などで知られる、ゲームディレクター 西健一氏の最新作!
NTTぷらら、初のスマホ向けゲームアプリ「ルナたん 〜巨人ルナと地底探検〜」の提供について

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二)は、自社がパブリッシャー(発売元)となり、スマートフォン向けゲームアプリ「ルナたん 〜巨人ルナと地底探検〜」を2016年9月(予定)より提供します。当社がパブリッシャーとなり、スマートフォン向けにネイティブアプリ※1を展開するのは初めてのこととなります。

本ゲームは、ゲームアプリ「ルナたん」を起動するだけでどなたでも無料※2でご利用いただけます。また、テレビ向け「ひかりTVゲーム」でも提供し、テレビとスマホを連動させてプレイすることもできます。

 本ゲームは、人気ゲーム「moon」で知られる、ゲームディレクターの西健一氏とキャラクターデザイナーの倉島一幸氏が再びタッグを組み制作されました。倉島氏が描いた優しいタッチのキャラクターたちが、西氏が創造したゲームの世界観を表現します。西氏がこれまで手掛けてきた数々の家庭用ゲームとは一味違う、独特な世界観のゲームをお楽しみいただけます。

 本件に関しては、日本最大のインディーゲームの祭典「BitSummit 4th(フォース)」において、西健一氏が発表します。

※1 ネイティブアプリとは、端末内において演算処理を実行するアプリのことです 
※2 基本プレイは無料です。アイテムのご利用は有料(都度課金)となります

■ ゲームアプリの概要

◆タイトル 「ルナたん 〜巨人ルナと地底探検〜」
◆ジャンル アクションパズルゲーム
◆提供開始日 2016年9月を予定
◆提供方法 スマートフォンアプリ(対応OS Android4.1以降 / iOS8.0以降)/ひかりTV対応チューナー
◆利用価格 ・スマホアプリ「ルナたん」・・・基本プレイは無料です。アイテムは都度課金となります。
・ひかりTV対応チューナー・・・遊び放題パック[月額540円(税込)]内でプレイできます。
◆ストーリー 10,000年の眠りから覚めた古代人が、謎の巨人と共に、埋もれた古代文明を再生する穴掘りアクションパズルゲーム。古代人の末裔「ヨナ」と、謎の巨人「ルナ」は、数々の困難を乗り越え、古代文明を再生することができるのだろうか?
◆URL http://game.hikaritv.net/feature/lunatan/ 

■ 「BitSummit 4th(フォース)」での発表について

本案件については、「BitSummit 4th(フォース)」内で予定されている、“西健一氏とゲームデザイナー 水口哲也氏とのトークセッション”(仮題)において紹介させていただきます。

◆日時 2016年7月10日(日)11時40分〜
◆場所 京都市勧業館みやこめっせ
◆ブース 24番

【西 健一氏 プロフィール】

ゲームディレクター

スクウェア(現:スクウェアエニックス)勤務を経て有限会社LOVEDELIC・有限会社SKIPを設立。LOVEDELIC社運営時にスマッシュヒットとなったmoon(PS)をリリース。後に音楽家・坂本龍一氏とL.O.L.(DC)を共同開発しディレクションを行う。現在は、有限会社Route24取締役および、坂本龍一氏と、動物愛護の啓蒙活動を目的に設立した「一般社団法人FreePets」代表理事を務める。

[代表作]
・参画作品:「moon」「クロノトリガー」「スーパーマリオRPG」
・ディレクション:「ギフトピア(GC)」「ちびロボ!(GC)」「アルキメDS(DS)」「newtonica」「コビッツ」
・プランナー:「カラダのキモチ」「カラダの時計」

【倉島 一幸氏 プロフィール】

キャラクターデザイナー、ドッター

オニオンゲームス所属のフリーランス

[代表作]
「moon」「ufo」「王様物語」「勇者ヤマダくん」