1. ホーム
  2. ニュース
  3. 企業情報(2021年度)
  4. 2021年11月5日のページになります。

ニュース

企業情報

2021年11月5日
株式会社NTTぷらら
慶應義塾大学SFC研究所

第14回 データビジネス創造コンテストを開催
〜Digital Innovators Grand Prix 14 (DIG14)〜
「日本から発信!コンテンツデータを活用した新たなライフスタイルのカタチ」をテーマに、
多種多様なコンテンツデータから未来の生活をよりよくする提案を募集

慶應義塾大学SFC研究所データビジネス創造・ラボ(代表:村井 純)は、株式会社NTTぷらら(代表取締役社長:永田 勝美)のサポートのもと、「第14回 データビジネス創造コンテスト 〜Digital Innovators Grand Prix 14(略称:DIG 14)」を開催いたします。

1. 趣旨

 本コンテストでは、多種多様なコンテンツデータの分析を通じ、現代の人々が何に心惹かれ、何を欲しているのか読み解き、誰も想像したこともない日本発の新たなライフスタイルの提案を募集します。
 データ活用がもたらすビジネス機会がますます増える中、テクノロジーやデータを活用できる人材が不足しているために、解決されていない課題がたくさんあります。本コンテストでは、幅広い年代の学生たちに、データ分析を通じて社会課題への理解を深め、解決策を提案する機会を提供します。その結果、データを活用できる人材の育成を目指します。

2. 実施概要

■テーマ(目的)

「日本から発信!コンテンツデータを活用した新たなライフスタイルのカタチ」


■評価の観点

提供データ活用 ビジネスパートナーが保有しているデータを提案の中で活用できるか
独自データ収集 提供データ以外にもデータを集めているか
データ解析 データをきちんと解析できているか
実現・継続性 継続的に実現可能なモデル・コストの負担などが考えられているか
新規性 新しい提案ができているか

■スケジュール

申し込み開始 2021年11月5日(金)
エントリー締切 2022年2月3日(木)
本選出場チーム発表 2022年2月22日(火)
本選発表会・審査会・表彰式 2022年3月12日(土)オンラインにて開催

■応募資格

日本の高等学校、高等専門学校、大学、大学院の正規課程に所属する生徒・学生(社会人経験者を除く)


■審査員長

村井 純 慶應義塾大学教授


■主催

慶應義塾大学SFC研究所 データビジネス創造・ラボ


■ビジネスパートナー

株式会社NTTぷらら


■後援

総務省統計局、独立行政法人 統計センター、国立研究開発法人 科学技術振興機構、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所、一般社団法人 日本統計学会、応用統計学会、公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会、一般社団法人 情報処理学会 情報処理教育委員会、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会、一般社団法人 データサイエンティスト協会


■協力

アクセンチュア株式会社、株式会社ブレインパッド、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社、株式会社デジタルガレージ、株式会社電通デジタル


応募方法は、公式サイトをご覧ください。
第14回データビジネス創造コンテスト公式サイト http://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/dig14/

□慶應義塾大学SFC研究所 データビジネス創造・ラボについて

データビジネス創造・ラボは、慶應義塾大学SFC研究所※内に設置された、IT、統計、ビジネスデザインの融合方法を研究するグループです。データサイエンティスト育成カリキュラムの構築、ならびに先進的なビッグデータの集計・解析手法等の共同研究を行うとともに、2014年からは、産官学協働のもとデータ分析によって導き出されるアイデアを競い合う「データビジネス創造コンテスト」を開催しています。
※慶應義塾大学SFC研究所 https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に設置された慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科、大学院健康マネジメント研究科、総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部の附属研究所

□株式会社NTTぷららについて

1995年の設立以来、ECやインターネット接続プロバイダーなど新たな事業領域を開拓してきました。現在はインターネット接続サービス「ぷらら」と、映像配信サービス「ひかりTV」やコンテンツ企画制作をはじめとした映像関連ビジネスを事業の柱とし、電子書籍やクラウドゲーム、音楽配信などの幅広いサービスを展開しています。コーポレートミッション「コミュニケーションテクノロジーで心躍る体験を贈る」の実現に向け、お客さまの心を満たす新たなサービス・コンテンツを創造しご提案しています。