1. ホーム
  2. ニュース
  3. インフォメーション(2016年度)
  4. 2016年11月17日のページになります。

ニュース

インフォメーション

2016年11月17日
株式会社NTTぷらら

「ひかりTV」の4K・HDR配信技術が音元出版主催「VGP2017」において技術賞を受賞

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二)が運営する「ひかりTV」の4KおよびHDR対応4K作品の高画質配信技術が、このたび、ホームエンターテインメントの優れた性能と技術・コンセプトを具現化した優秀モデルを選出する、音元出版主催の「VGP 2017」において、技術賞を受賞しました。

当社では、国内で初めて、2014年10月より「ひかりTV」の4Kによるビデオサービス(VOD)の商用サービスを開始した後、HDR対応4K-VOD作品の配信やドルビービジョン対応作品の配信、4K-IP放送を開始するなど、4KおよびHDRの対応に向けた取り組みを積極的に行ってきました。

お客さまには、高画質な4Kコンテンツを十分にお楽しみいただけるよう、ドラマや映画、バラエティなどさまざまなジャンルの作品を1000本超(2016年9月時点)ご用意し、高品質で安定した映像を約30Mbpsの伝送ビットレートでお届けしています。本賞の受賞は、このような高品質で豊富なラインナップの4KおよびHDR作品の提供について評価されました。

今後も、日本の4K映像市場の拡大に貢献するとともに、さらに充実したコンテンツを取り揃え、お客さまの満足度向上を目指してまいります。

※ VODとは、ビデオオンデマンドの略です。

■受賞対象
「ひかりTV」 4K・HDR作品の高画質配信技術に対して
■受賞理由
光ファイバー網による高ビットレートな4K/HDR VODサービスの提供と4Kコンテンツの豊富なラインナップ

□「VGP」とは

音元出版社が、映像とサウンドを中心としたホームエンターテインメント発展のために1984年に「ビデオグランプリ」という名称でスタート。国産製品・海外製品を問わず、日本国内において発売されている幅広い製品を対象として、優れた性能と技術・コンセプトを具現した優秀モデルを選出するアワードです。この賞の選考結果はユーザーにとっての製品選びの指 針となるとともに、実際の販売現場に対して大きな影響を持った賞としての評価を獲得しています。
詳しくは、VGP2017公式サイト(http://www.visualgrandprix.com/vgp2017/)をご覧ください。