ニュースリリース

ぷららからのお知らせ

2010年2月17日
株式会社NTTぷらら

インターネットサービス「ぷらら」における、
『ネットバリアベーシック』の機能の向上について
〜新たに、フィッシングサイトのブロック機能を追加〜

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二)は、インターネットサービス「ぷらら」において提供している、フィルタリングサービス『ネットバリアベーシック<有害サイトフィルタ>』の機能向上を図り、新たに、フィッシング※1サイトをフィルタリングの対象としたブロック機能を2月18日より追加します。

 『ネットバリアベーシック<有害サイトフィルタ>』は、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」「フレッツADSL」に対応したサービス、および「ぷらら高速モバイルオプション(EM)」をご利用のお客さま向けに標準機能として無料で提供しているサービスです。 これまでの『ネットバリアベーシック<有害サイトフィルタ>』では、未成年者にとって有害なホームページやワンクリック詐欺※2サイトを中心とした有害サイトをフィルタリングの対象としてきましたが、昨今のインターネットを利用した犯罪の増加を受け、新たに、フィッシングサイトをフィルタリングの対象として追加し、セキュリティ上有害なサイトからお客さまをお守りするブロック機能を強化します。


   なお、フィッシングサイトのフィルタリング対象となるURLリストは、ワンクリック詐欺サイトと同様、ネットスター株式会社より当社に提供されたリストを利用しています。


 当社では、今後もセキュリティ対策サービスの充実を図り、安全なインターネット環境をご提供することで、さらなるお客様満足度の向上に努めてまいります。


  ※1フィッシングとは、インターネットを利用した詐欺の一種で、銀行や有名なサイトのホームページやメールに成りすますことで、利用者に銀行の口座番号や個人情報を入力させ、不正請求や預金の引き出し等を行う行為です。

※2ワンクリック詐欺とは、主に販売ホームページを装ったオンライン詐欺の一種です。利用者の正式な承諾を得ることなく、入会(利用)契約が成立されたと一方的に主張して、代金の支払いを求めてくる架空請求詐欺です。

『ネットバリアベーシック<有害サイトフィルタ>』の機能向上について


1.対象

『ネットバリアベーシック』をご利用いただいている「ぷらら」の会員様

2.開始時期

2009年2月18日より

3.内容

従来のワンクリック詐欺サイトに加え、新たにフィッシングサイトをブロック対象としたフィルタリングサービスを提供します。