報道発表資料

2010年7月1日

株式会社NTTぷらら
パナソニック株式会社
株式会社阪神タイガース
株式会社毎日放送

世界初※1 プロ野球公式戦を3Dライブ中継
〜7月8日(木) 阪神タイガース×東京ヤクルトスワローズ戦〜


 株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区 代表取締役社長 板東 浩二 以下NTTぷらら)、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市 代表取締役社長:大坪 文雄 以下 パナソニック)、株式会社阪神タイガース(本社:兵庫県西宮市 取締役社長 南 信男 以下 阪神タイガース)、株式会社毎日放送(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長 河内 一友 以下 MBS)の4社(五十音順)は、世界初※1のプロ野球 3Dライブ中継を、7月8日(木)阪神甲子園球場で開催される「阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ」戦で実施します。


 今回のライブ中継は、阪神タイガースが制作するコンテンツ「タイガースアイ」の映像を活用するもので、3D技術統括プロデュースをパナソニック ネットワークサービシズ株式会社、3D撮影機材をパナソニック AVCネットワークス社が担当し、同日、地上波で2Dによる中継放送を行う毎日放送が、3D制作について技術協力を行います。また、配信はNTTぷららが提供する映像配信サービス「ひかりTV」のテレビサービス「ひかりTV STYLE1 ハイビジョン」※2※3にて、同日18時試合開始から終了までの完全ライブ中継を予定しています。


 パナソニック製 3Dカメラレコーダーで撮影する3D映像と、地上波放送用の2D映像を3Dに変換した映像を独自にスイッチングして構成し、実況も「タイガースアイ」のスポーツアナウンサーが、3D映像の楽しみ方を交え、3Dライブ中継独自の実況を行います。これにより、従来の2D映像による野球中継の画角やカット割りを単に3D化するのではなく、3Dに適した演出によるベンチサイドで見ているような臨場感のある映像表現と、新しいスポーツの見方を提案いたします。


 また本映像の3Dダイジェスト版を、7月下旬より、「ひかりTV」のビデオサービス(VOD※4)において、提供いたします。


 今後の3Dスポーツ中継、とりわけプロ野球中継のひとつの方向性を示すものとして、各社の技術を結集して取り組みます。ご期待ください。


※1 2010年6月30日現在、3D/HDによるプロ野球のIPTV配信(サイド・バイ・サイド方式)において世界初となります。
※2 「ひかりTV」のテレビサービスは、株式会社アイキャストが提供するサービスです。
※3 『ひかりTV STYLE1 ハイビジョン』は、「ひかりTV」の独自編成チャンネルです。
※4 VODとは、Video On Demand (ビデオ・オン・デマンド)の略です。

■ 阪神タイガース×東京ヤクルトスワローズ戦 3Dライブ中継概要


「ひかりTV」にご加入のお客さまなら、どなたでもご覧になれます。

配信日時

2010年7月8日(木) 試合開始前17:45〜試合終了まで(試合開始は18:00)

配信
チャンネル

「ひかりTV」のテレビサービス「ひかりTV STYLE1 ハイビジョン(Ch100) ※5

視聴料金 無料※6
体制

制作著作

株式会社阪神タイガース

3D技術統括プロデュース パナソニック ネットワークサービシズ株式会社
3D撮影機材 パナソニック株式会社 AVCネットワークス社
企画 株式会社エイデック
3D制作技術協力 株式会社毎日放送
2D-3D変換技術 株式会社ビデオテック
サイドバイサイドエンコード技術 株式会社アスナ
3Dスポーツコーダー/
3Dテロッパ技術
株式会社テクノネット
3D中継技術 ネットワークピープル/テイクワン
※5 3D視聴には3D対応テレビと専用メガネが必要です。
※6 「ひかりTV」にご加入いただく必要があります。