1. ホーム
  2. ニュース
  3. コンテンツ・サービス情報(2019年度)
  4. 2019年12月6日のページになります。

ニュース

コンテンツ・サービス情報

2019年12月6日
株式会社NTTぷらら

伊藤健太郎主演映画「惡の華」を新たに編集
特別版「惡の華+」をdTVチャンネルにてどこよりも早く配信!
〜ひかりTVのビデオサービスでも提供〜

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:永田勝美、以下 NTTぷらら)はNTTドコモが運営する映像配信サービス「dTVチャンネル®」の総合エンターテインメントチャンネル「ひかりTVチャンネル+」および自社が運営する映像配信サービス「ひかりTV」のVODサービス※1において、「惡の華+」(あくのはなぷらす)をBlu-ray・DVDの発売に先駆けて、2020年1月より配信します。

「惡の華+」は、2019年9月に劇場公開された青春映画「惡の華」に、劇場版で使用されなかったシーンを復活させ、新たに再編集したもうひとつの「惡の華」です。さらに、ラストシーンも変更し、劇場版より14分長い141分の配信時間となっています。劇場版をご覧になった方も、ご覧になっていない方にもお楽しみいただける内容です。


映画「惡の華」は、累計発行部数300万部を突破した押見修造の漫画を実写化し、中学生の思春期特有の生きづらさ、悩み、葛藤を独創的な世界観で描いた作品で、人気若手俳優が集結した映画として話題になりました。ひかりTVでは、特別版「惡の華+」に加え、劇場で上映された映画「惡の華」も同日より配信します。

※1 VODとは、ビデオオンデマンドの略です。

■「惡の華+」作品概要

◆原作 押見修造「惡の華」(講談社「別冊少年マガジン」所載)
◆監督 井口昇(代表作「片腕マシンガール」「電人サボーガー」)
◆脚本 岡田麿里
(代表作「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」)
◆主題歌 リーガルリリー「ハナヒカリ」
◆出演 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨、北川美穂、佐久本宝、田中偉登、松本若菜、
黒沢あすか、高橋和也、佐々木すみ江、坂井真紀、鶴見辰吾、飯豊まりえ

■提供概要

<dTVチャンネル>
提供作品/特別版「惡の華+」

チャンネル名 配信日 視聴料金
ひかりTVチャンネル+ 2020年1月6日(月)20:00〜22:30 「dTVチャンネル」ご契約のお客さまは、月額料金内でご覧いただけます。

「dTVチャンネル」では、配信後に1週間の見逃し配信をします。

<ひかりTV>
提供作品/特別版「惡の華+」および映画「惡の華」

提供方法 提供開始日 視聴料金
ビデオサービス 2020年1月21日(火)より提供開始 「ひかりTV」ご契約のお客さまは、オプション作品として550円(税込)/72時間でご視聴いただけます。

なお、「惡の華+」、「惡の華」は、NTTドコモが提供する「ひかりTV for docomo」でもご視聴いただけます。

□「ひかりTV(ティービー)」について

ネットを通じてご自宅のテレビやパソコン、スマートフォン・タブレット端末などさまざまな機器∗1で、人気の映画やドラマ、アニメなどのビデオ作品や専門チャンネル、さらにはクラウドゲームや音楽配信サービスなどをお楽しみいただける総合ライフエンターテインメントサービスです。詳しくは、ひかりTVホームページをご覧ください。

  1. ※1 一部利用できないサービスがあります。

□ひかりTVチャンネル+について

NTTぷららが運営する総合エンターテインメントチャンネルです。ひかりTVチャンネル+でしか観ることのできないオリジナル番組や地方の人気バラエティ番組、ドラマ、音楽など充実したラインナップで提供しています。ひかりTVチャンネル+は、「dTVチャンネル」でご視聴いただけます。

□dTVチャンネルについて

株式会社NTTドコモが提供する映像配信サービスです。ひかりTVチャンネル+を含め、映画、ドラマ、アニメ、音楽、ダンス、ドキュメンタリーなど約30のプレミアムな専門チャンネルを見放題で楽しめます。本サービスは株式会社アイキャストが番組調達を担当し、NTTドコモとNTTぷららが共同で企画・運営しています。dTVチャンネルは、NTTドコモの登録商標です。