1. ホーム
  2. ニュース
  3. コンテンツ・サービス情報(2020年度)
  4. 2021年2月12日のページになります。

ニュース

コンテンツ・サービス情報

2021年2月12日
日本映画放送株式会社
株式会社NTTぷらら
スカパーJSAT株式会社

3.12大安、新たな「鬼平」、新たな「梅安」発表!!
池波正太郎 原作 鬼平犯科帳 仕掛人・藤枝梅安 新作映画化 決定!!
3月12日(金)午後1時より 主演・製作 発表 時代劇専門チャンネルにて生中継&無料配信

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 永田勝美)、「時代劇専門チャンネル」を運営する日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 杉田成道)、スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 米倉英一)の3社は共同で、日本を代表する時代小説家、池波正太郎(1923-1990)の代表作『鬼平犯科帳』と『仕掛人・藤枝梅安』を、それぞれ新たに映画化することを決定いたしました。
3月12日(金)13時より製作発表を行い、『鬼平犯科帳』の主人公、火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)長官・長谷川平蔵と、『仕掛人・藤枝梅安』の主人公、鍼医者と殺し屋の二つの顔を持つ藤枝梅安に新たに挑む、主演俳優2名を発表いたします。

発表の模様を時代劇専門チャンネルで生中継(※スカパー!無料放送)するほか、時代劇専門チャンネル公式YouTube、同公式Twitter、LINE LIVE映画・テレビチャンネルでも無料生配信予定です。 令和の時代を迎え、原作者・池波正太郎の没後30年を経たいまなお、世代を超えて多くのファンを魅了してやまない国民的人気シリーズ。その新映像化プロジェクトの幕開けに、ぜひご注目ください。


<池波正太郎“三大シリーズ”の二つが、令和の時代に蘇る。>
『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』は、『剣客商売』と並んで池波正太郎の“三大シリーズ”に数えられる傑作長篇で、ともに時代小説の金字塔として、長年にわたって多くの読者に支持されています。

・『鬼平犯科帳』
『鬼平犯科帳』は、「鬼の平蔵」こと火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする捕物(罪人の捕縛)を扱った物語。1967年から『オール讀物』(文藝春秋刊)での連載が始まり、池波が他界する1990年まで23年にわたって135作が発表されました。累計発行部数3000万部に迫るロング&大ベストセラーで、過去に幾度もドラマ・映画・漫画・舞台化。映像作品では、八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)をはじめ丹波哲郎、萬屋錦之介、中村吉右衛門といった名優が長谷川平蔵を演じてきました。

・『仕掛人・藤枝梅安』
『仕掛人・藤枝梅安』は、殺し針で人知れず悪を葬る「仕掛人」としての裏の顔を持つ鍼医者・藤枝梅安の活躍を描いたハードボイルド作品。1972年に『小説現代』(講談社刊)で第1作が発表された途端、端正に描き込まれた江戸の暗黒街の仕組みや定法、独自に創案された用語、庶民の日常とのコントラストが圧倒的な支持を集め、その年の読者賞を獲得。以降1990年までの間に20作が発表されました。映像作品では過去、緒形拳、田宮二郎、萬屋錦之介、小林桂樹、渡辺謙、岸谷五朗が主演を務めました。

<原作 池波正太郎 いけなみ・しょうたろう>
時代小説家、劇作家。1923年、東京都出身。60年『錯乱』で第43回直木賞を受賞。以降、『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』の三大シリーズや『真田太平記』に代表される武家物などを世に送り出し、人気を博す。77年、その精力的な作家活動が評価され吉川英治文学賞が贈られ、88年には菊地寛賞を受賞。90年、急性白血病のため67歳で永眠。武士から町人まで、普遍的な“人の営み”や江戸の闇の世界を描いた作品の数々は広く大衆に愛され、多くの人々を魅了し続けている。

<原作情報>
池波正太郎『鬼平犯科帳』(文春文庫・全24巻)
池波正太郎『仕掛人・藤枝梅安』(講談社文庫・全7巻)


■池波正太郎 原作「鬼平犯科帳」「仕掛人・藤枝梅安」製作発表 記者会見について

【日時】
2021年3月12日(金)午後1時〜2時(予定)

【登壇・発表者】
・『鬼平犯科帳』長谷川平蔵 キャスト
・『仕掛人・藤枝梅安』藤枝梅安 キャスト
・杉田成道(日本映画放送株式会社 代表取締役社長)
・永田勝美(株式会社NTTぷらら 代表取締役社長)
・米倉英一(スカパーJSAT株式会社 代表取締役執行役員社長)
・宮川朋之(企画・プロデュース/日本映画放送株式会社 執行役員 編成制作局局長)


【生中継・ライブ配信】
・時代劇専門チャンネルにて生中継(午後1時〜2時)※スカパー!無料放送(CS292)
・インターネットライブ配信 ※無料
(時代劇専門チャンネル公式YouTube、同 公式Twitter、LINE LIVE映画・テレビチャンネル)

【告知WEBページ】
www.jidaigeki.com/onihei-baian/