NTTぷらら×FC今治キック塾 ジュニアアスリートを対象にしたキック技術のオンライン型テクニックスクール

  • キック塾とは

  • 愛媛県のジュニアアスリートを対象とした、オンライン型サッカーアカデミーです。キックの技術を高めるテクニックスクールを開催します。 今回は「インステップキック」にフォーカスして、子供たちの技術向上を目指します。
    JリーグJ3に所属するFC今治とスポーツサイエンス×テックのベンチャーとして注目を集めるNEXTBASE社協力のもと、リモートでも簡単に学び・楽しめる、キック力向上に特化したトレーニングプログラムを提供予定です。
  • ここがポイント!

  • 特別監修にFC今治の橋川和晃氏と国立スポーツ科学センター先任研究員の尾崎宏樹氏を迎え、科学的アプローチに基づいた映像解析技術(株式会社ネクストベース協力)を用いたフォーム分析と、FC今治のコーチングスタッフによる専門的なテクニカルアドバイスをオンラインで受けることができます。さらには、子ども向けのキック上達講座や現役選手とのリモート対話会、選手が出演する本アカデミー限定オリジナル動画コンテンツの配信など、サッカーに関する各種プログラムを展開予定です。
対象: 愛媛県在住の小学4年生〜中学2年生
募集人数: 50名(応募者多数の場合、抽選で参加者を確定します)
募集期間: 2021年9月27日(月)〜10月22日(金)
プログラム実施時期: 2021年11月13日(土)〜12月11日(土)
プログラムアドバイザー: 橋川和晃 氏(FC今治)
フォーム解析・フィジカルトレーニング監修: 尾崎宏樹 氏(国立スポーツ科学センター先任研究員)
フォーム解析・フィジカルトレーニング技術協力: NEXT BASE
運営協力: FC今治
応募条件: 愛媛県在住のサッカーを楽しむ子どもたち(小学4年生〜中学2年生)  
※キック塾が提供するすべてのプログラムに参加頂く事が前提となります。
※2021年10月23日(土)に実施予定のオンライン説明会(オリエンテーション)よりご参加をお願いします。
  • キック塾プログラムメニュー

  • キック塾では、4つのオンラインプログラムを用意しております。
    「フォーム分析」によるオンライン指導のほか、子どもたち一人ひとりにあった「フィジカルトレーニング」や、選手に直接質問ができる「オンラインセミナー」、キック塾限定の「オリジナル動画コンテンツ」を提供予定。
    幅広いメニューで子どものサッカースキル向上をサポートします。

010203

フォーム分析・指導

プログラム開始時(ビフォー)と終了時(アフター)の2回、子どもたちは自分のキック動画を撮影し、専用WEBアプリでアップロード。尾崎宏樹氏監修による5つの解析ポイントに基づいたフォーム分析を実施。改善点について、FC今治コーチ陣が子どもたちにわかりやすく指導・アドバイスをしてくれます。

020203

フィジカルトレーニング

NEXT BASE社が開発した500種類のフィジカルトレーニング動画から、子どもたちごとに生物学年齢に合わせた毎週8種類のメニューをピックアップしてレクチャー。WEBアプリを使ったトレーニングメニューです。

030203

オンラインセミナー

FC今治の橋川和晃氏によるキック技術向上に関する「オンライン講座」を予定。FC今治の現役選手を招いての「オンライントークイベント」も開催予定。 普段のトレーニング体験談や対話会など、子どもにたちにとって貴重な体験になる企画です。

040203

オリジナル動画コンテンツ

本プログラム限定でFC今治の選手が出演する動画コンテンツを定期的に配信予定。トップチームの1日に密着したドキュメンタリーや、試合ではなかなかお目にかかれない選手の様子など、子供たちが楽しみながら学べるバラエティー豊かな企画をお届けします。

キック塾監修・アドバイザー プロフィール

尾崎宏樹

1

尾崎宏樹
国立スポーツ科学センター(JISS)先任研究員/工学博士

スポーツバイオメカニクスの専門家で、シンガポールスポーツ研究所に3年間在籍。ロンドンオリンピックでは、日本卓球史上初の銀メダルを獲得した卓球女子ナショナルチームをサポート。現在JISSでは、東京オリンピックでのメダル獲得に向け、卓球のほか、バレーボール、空手、バドミントン、パラスポーツなど様々な競技のサポートをマネジメントしている。また、スポーツバイオメカニストとして様々な競技のスイング動作のメカニズムを解析しており、自ら競技経験のあるサッカー、フットサルのキック動作の研究には特に注力している。

橋川和晃

1

橋川和晃
FC今治

佐賀県立鹿島高等学校、佐賀大学のサッカー部として活動後、JFA公認S級を獲得し1995年に福岡ブルックスのユースコーチに就任。1996年から2005年まで、アビスパ福岡にてU-12、U-15、U18監督を歴任し、2006に同チーム統括グループ編成を担当。2007年からはJFAナショナルトレセンコーチ九州サブチーフ。2008年からアビスパ福岡アカデミーダイレクター。2012年からはJFA九州ユースダイレクターを担当。2016年、グルーバル事業部長としてFC今治入りし、2020年には同アカデミーのメソッドグループ長に就任。長きにわたりユースチームの育成に従事している。

キック塾お問い合わせに関して

  • 本トライアルにつきましてはこちらよりお問い合わせください。
  • 株式会社NTTぷらら「キック塾事務局」
  • ※選考基準や選考結果に関するお問い合わせは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
  • ※都合によりスケジュールは変更させていただく場合があります。
  • ※お問い合わせへのご対応は、2営業日程度かかることがあります。

©FC.IMABARI